2016年度「自立支援スクーリングプログラム」活動報告

フィリップモリス様の助成をしていただき、「自立支援スクーリングプログラム」を
2016年8月から2017年2月までに5回開催しましたのでご報告します。        
        
第一回目を8月27日、相模大野ボーノのユニコムプラザで開催しました。        
   オリエンテーシヨンから他己紹介、ジョハリの窓、社会と経済、コミュニケーションスキルの研修を行いました。        
         
 第二回と第三回は、神奈川青年司法書士協議会とファイナンスパークでメリルリンチのごご協力によりプログラムを組みました。                
         

 第四回の調理実習で、同じ里子同士で協力し合って料理をつくることで親しさがまして、第五回の合宿で中の良い同期生になっています。

 2016年度は、プログラム修了生への現在の悩みなど調査しました。

 参加者の第一の不安は、18歳で自立する際には、資金の問題です。住宅資金補助制度や自立支援金などの制度がありますが、専門学校や短期大学などを経て自立する際の支援制度も、これからの課題です。
 就職した修了生の悩みは、仕事になれない、人間関係が難しい、交流相手がいないでした。
 進学した修了生の悩みは、お金がない、健康管理が難しいでした。

 2017年度は、少しでも修了生の悩みの手助けになるよう「修了生(現役生も含む)の交流会」を3回以上計画しております。